Instagram

discography

micro

   micro
   
   SFTL-1023
   2,310(tax in)


三年ぶりの新作です。
ミクロ 1メートルの100万分の1の世界(0.000001m)、つまり顕微鏡で見る世界。
布のミクロ
虫のミクロ
涙のミクロ
心のミクロ
その微視的な世界が集まって、暮らしがあるんです。
当たり前の暮らしの0.000001mに近付く一日。きっと新たな発見があるはず。
一粒一粒をゆっくり聴いて下さい。

収録曲(全10曲)
BLUE FLOWERS
喜びのかけら
はるにれ
嘘つき天使
micro approach
スッパイノ
つぶ
moon walker
tokotoko
ロッテの日記

DRUMS:秋山隆彦(downy / Fresh!)
BASS:鎌田将(ex.サンガツ)
GUITAR AND TREATMENT:林英和 (drawing4-5 / compuedit / spring note)
CLARINET,FLUTE AND TENOR SAXOPHONES:岩原いずみ(ex.miami-all,NATSUMEN)
CHORUS AND GLOCKENSPIEL:小貫早智子(yep)

◇design:北井真一郎 DEVIL ROBOTS
「トーフ親子」「KAIZOKU CHAN」などのキャラクターで大人気のデザイナー。
◇photograph:原田奈々 原田奈々
写真集「ツーリズモ」を発売し、ハナレグミやクラムボンをはじめ多くのミュージシャのアルバムジャケットなどを撮影している人気写真家。 
◇puppet art:イシイリョウコ イシイリョウコ
雑誌みづえやワークショップなどで活躍中のアーティスト。

◯キンカ初のワンマンライブ
12月11日 月曜日
下北沢クラブキュー
Quinka,with a Yawn『micro』発売記念ワンマンライブ
OPEN19:00 START19:30
前売?2300 当日?2800(共にドリンク代別?500)
チケット発売日:Que店頭11/11〜、ぴあ・ローソン10/13〜
問合せ:CLUB Que 03-3412-9979
予約:こちらまで、お名前と枚数を明記の上メールください。

初のワンマンライブ そして 「micro」リリース記念演奏会です。
レコーディング・メンバー勢揃い(貴重)!
お祝いしようそうしよう、一緒に歌って泣き、笑いましょう。
まだキンカのライブに来たことがないというあなたも一緒に、
音の粒、心の粒、思う存分吸い込んで、蒔き散らしましょう。
<ワンマン特典>
予約受付の先着30人にサイン入りポスターをプレゼント。
当日microをお買い上げの方に、サイン入りスナップ写真とキンカプリント布をプレゼント。
(写真:川島小鳥 1980生まれ。2006年平間至賞大賞受賞。)
onpuquin+hashibami+clubkingコラボレートの正真正銘オーガニックトート発売。
そして、あなたの暮しにきっとフィットする、microオリジナルグッズも多数ご用意しています。
-------------------------------------------------------
------------------------------------------------------

◯micro展
microの為に制作して頂いたイシイリョウコさんの作品の展示を、いつもお世話になっている下北沢のカフェ&CDショップ・モナレコードさんで行います。
併せて、microレコーディング風景を撮影した写真の展示、
onpuquin、デビルロボッツのアイテム販売もありますので、みなさん必見ですよ!

場所;下北沢モナレコード店内のCDコーナー
期間;2006/11/22〜12/31
入場は無料です。
-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------

◯「はるにれ」ニュース
●着うた
spaceshowertv.com 配信中。
TOPページのFREEの中に入っています。
●「はるにれ」プロモーションビデオのシブヤテレビ(街頭ビジョン)と、タワーレコ−ド店内モニターでのオンエア日が決定しました。
・シブヤテレビ 11/27〜12/3
 番組名:TOWER RECORDS RECOMMENDS
 放送時間:毎日18:15〜18:30
 設置場所:sib.tv
・タワーレコ−ド全店店内モニター 11/20〜12/3
●So-netのTOWER RECORDS RECOMMEND、Quinka,with a Yawnの回がUPしました。
秋に楽しむ音楽について、書かせて頂いています。
〜11/28 so-net
-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
取り扱い店舗
◆Tower Records
・新宿店・渋谷店・梅田NU茶屋町店・梅田大阪マルビル店・京都店
・池袋店・名古屋パルコ店・福岡店・神戸店・横浜モアーズ店
・大和店・難波店・秋葉原店・聖蹟桜ヶ丘店・仙台店・川崎店
・吉祥寺店・松山店・札幌ピウ゛ォ店・佐賀店・柏店・八千代緑が丘店
・新発田店・苫小牧店・浜松市野店・名古屋近鉄パッセ店・秋田店
・八代店・八王子店・姫路店・岡山店・熊本パルコ店・那覇店
・相模大野店・大分店・高崎店・大津店・宇都宮店・倉敷店・泉南店
・岡崎店・長崎店・高知店・郡山店・東浦店・明石店・鈴鹿店・高岡店
・若松店・下田店・盛岡店・久留米店・北花田店・直方店・アリオモール蘇我店
・亀有店・錦糸町・美濃店

◎_◎ microを聞いた皆さんからのmicroなコトバ
イシイリョウコ
キンカさんの音楽の世界に囲まれているとき、いろんな風景に温度を感じ、たくさんの色がふわりと浮かんでは流れていきます。とてもしあわせな瞬間です。

はまのゆか(絵本作家)
不思議な絵が刻まれた扉。
鍵穴から、なんだか懐かしい歌声が聴こえてきたよ。
動き出す、いつもの日常に埋もれていたココロたち。

chaaco(目黒カフェHannah)
キンカの世界はどこか懐かしく、でも古ぼけた記憶ではなくて胸がキュッとなった、あの切ない気持ちだったり日々の小さい幸せを感じた時だったり。
そんな記憶の中に自然と溶け込んでしまう世界です。
今回のアルバムも自然と日常に溶け込んで一緒になっていくみたい。

Goma(料理創作ユニット)
キンカの歌声は、素直な気持ちを呼び起こす。
自然体に生きればいいんだと。
笑ったり、泣いたり、怒ったり、ちょっとズルかったり。
かわいさもわがままさも全部受け入れた強くて優しい女の人になりたいと、深呼吸できる音楽だと思う。
素敵なおばあちゃんになりたい人のために。

松浦弥太郎(cow books)
恋をしてその気持ちをしたためる手紙には、
相手が返事を出しやすいように書くことが大切です。
そういう手紙のような歌を唄うひとに出会いました。

甲斐みのり
「micro」の中の、「はるにれ」によせて
まだ、とてもちいさかった私は、いろいろなものに、なりたかった。
おもちゃ屋さん、先生、本を書く人、花嫁さん。
なりたいと、思ったものに、必ずなれると、思っていた頃。あの頃の気持ちになれる歌。
「綺麗になりたい」「幸せにしたい」。
今はもう、願っても叶わぬことがあると、知ってしまったけれど、それでも「はるにれ」を聴いていると、綺麗になれるし、誰かを幸せにできるような、気がするのです。
大切な人に、この歌を、贈りましょう。

西加奈子(小説家)
彼女の声に癒されること、私はありません。大好きだった絵本を必死で探したり、美味しいコーヒーを入れようと躍起になったり、とにかく、そわそわと落ち着かなくなります。そしていつも、こう思います。「なんだろう?この幸福なきもち」。彼女の声は、不思議です。

HARCO
前作から3年ぶり、3枚目のフルアルバム。
ここに収められた10曲は、人の心の奥に眠っているどんな”ミクロ”な感情もやすやすと掬い取ってしまう。日々の何気ない暮らしのなかから生まれた言葉を歌う彼女と、5人のクリエイターによる多彩な音響的アプローチ。このサウンドが僕の耳に届いたとき、目の前にあるいつもの街がだんだんと愛すべきものに思えてきた。昨日までの自分の横顔を知りたいアナタにも効果的な、2006年ニッポンの必然的ポップチューン。

キタイシンイチロウ(DEVILROBOTS)
「ずっと待ってたキンカのアルバム。 いつもと雰囲気が違うな〜と思ったら普段の時間の経過を【粒】単位に変えて見てみたらしい。。。どうりで近くに感じて素敵なわけだ!」

原田奈々(写真家)
いろんなモノが集まって、ひとつの塊になっている。
それを纏めているミッコさんは、音楽にもビジュアルにもはっきりとしたイメージがあるのだろう。キンカの主役であり、監督。キンカさんの太い眉が好き。意志が強そうで好き。撮影のときミドリ色になって、猫じゃらしみたいでした。

行 達也(mona records/grimm)
彼女はライヴのとき、横を向いて歌う。
それはCDを聴いていても、ときどき感じた。
それがいいとか悪いとかじゃなくて。
ただ、なんとなく、はぐらかされている感じがした。
今度のアルバムは違った。
いろんなモノを削いだら、シンプルに歌とコードが残った。
そして彼女は正面を向いていた。
と思ったらライヴではやっぱり横を向いてた。
(それがキンカ)

テツヲ(amber)
嬉しさとか、楽しさとか、優しさとか、切なさとか・・。
どこにでもある日常の表情がちりばめられた作品。良いね、これ。

多賀小百合(DON SHOCK SERVICE)
聞くたびに嫉妬して、聴くほどに恋をする。待ってた!

斉藤秀幸(water water camel)
やけに強烈なコントラストの草原の上、空の下。
平均台の上でスキップとダンスしながら歌う少女。
美しくて危うくて、
手を差し出す代わりと言っちゃ何ですが、
僕も一緒に歌いましょう。